記事タイトルアイコン 『月を渡るイシュタル』





9月23日(火・祝日) 坂下昿吉展”Ishtar"『月を渡るイシュタル』
舞台?コンサート?なんともカテゴライズできない独特の演出。
来て、観て、のお楽しみです。
脚本は画家の坂下さん。坂下さんの思い描く世界を劇にしました。
歌は声楽を勉強中の加藤玲菜さん、語りはミュージカル女優の岩本潤子さん...
バイオリン&作曲&その他もろもろ、西田けんたろうでお送りします。
上演は16時〜18時となってますが、個展も開催中ですので、
ちょっと早めにきて、是非是非絵もご覧になってください!
絵を観て、楽劇を観て、不思議なイシュタルの世界に旅してみませんか?
横浜日本大通りギャルリー・パリにて、16時〜18時。観覧無料です。
http://www.galerieparis.net/

・僕と坂下さん
出会ったのは今はもうなくなってしまったのですが、能見台にあった
ぐりふぉれ屋というライブハウスです。
東日本大震災のチャリティーライブでお客様としていらしてました。
そこで演奏した僕の曲『春の涙』という曲を聞いて、
後日、舞台の作曲のご依頼を頂きました。
その時は特に本番も決まってる訳でもなく、とにかくちゃんと曲にしたい、
との事で、ご自分で読み上げた台本や歌の録音を頂いて、
そのイメージを元に僕が、まあなんとなくな曲に仕上げて、
聞いて頂き、そして、台本に手を入れたり…という作業を進めてました。

自分も含め、芸術家なんて大体そういうもんだと思ってはいますが、
正直最初は「なんだか怪しいおじさんだなー、大丈夫かなー」というのが、
第一印象でした。「本番未定」「台本を読んでも話がよくわからない」
「そのよくわからない話を熱く語ってくる」などなど。。。
しかし、山手に構える坂下さんのアトリエに伺ってみると、
近所の子供たちが集まって遊んでいるようだし、奥様はしっかりしてるし、
なんだかトトロに出てくるようなお家で、話を進めていくうちに
「あー、なんだかいい感じだなぁ」と思うようになりました。
それが1年前くらいだったと思います。

そして冬頃だったか、9月に本番が決まり、
キャスティングもしなきゃ、曲もちゃんとしなきゃ、という事に。
歌には、旭区民ミュージカルを見に行ってみつけた、音大声楽科の学生、
加藤玲菜さん。そして、語りには、心魂プロジェクトでご一緒した
ミュージカル女優の岩本潤子さん。お二人をスカウトしてゲット♪
最初は「作曲の仕事」というお話だったのが、キャスティングや演出や、
演奏まで。あれやこれやと坂下さんと進めているうちに8月に。
曲は一通り作曲はしたものの、台本に変更があったりして、
「うーん、いまいち先が見えないなぁ、どーしようかなー。
 好きにやっちゃっていいのかなー、でもまた変更があるかなー」
という時に坂下さんから電話がありました。
「やばい、曲の催促かなー」と電話に出たら、奥様が。
坂下さんが旅立ったという一報でした。
突然のことで、もう言葉もでないくらいショックでした。
「本番をどうする、プロジェクトの張本人が…」とか以前に、
身近に関わっていた人が逝ってしまった、というのが、
自分の気持ちにずしりときました。只々茫然。
「本人が本番を楽しみにしていたので、進めてください」
という言葉を頂いて、それでも数日経ってからやっと、
「よし!やるぞ」と思えました。
そこから、奥様と台本を詰め、曲を詰め、ようやく本番を迎えます。

「舞台にする」というスタートから、僕は、
「この演出じゃ、よくわかりませんよ。お客さんは観ても?ですよ。
僕もよくわからないし。」と坂下さんに言ってきましたが、
「それでいい。わからなくてもいい。曲については自分は音楽家
じゃないから、好きにやってくれ。」という話を最後に逝ってしまった
ので、正直迷いがありました。
が、台本や曲を詰めていくうちに、「あ、これいいかも」と思う瞬間が。
ふとした言葉やフレーズから、意志の強さや、やさしさを度々
感じるようになりました。
そして、「この感じがなんとなく伝わればいいのかな」と思うように。
今思えば、極端ですが、僕は「舞台だったら一般向けのエンタメに」
と誤った解釈をしていました。完全に間違ってた。
坂下さんが想い描く「芸術」を表現できればそれでよかったんだ。
と、ようやくわかりました。

あとはそれをどう伝えるか。「坂下さんの芸術に寄り添って」
その一心で曲などもやりたいようにやってみました。
一般のお客さんに合わせて、わかりやすくする必要もない。
ただ、もう任されちゃったので(笑)
薄っぺらくならず、でも雰囲気が伝わり易いように、と、
所々細工してます。

23日はきっとあちらから観てくれてると思います。
坂下さん、楽しみにしててくださいね!


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

profile

書いた記事数:1118
最後に更新した日:2015/05/31

selected entries

recent comment

  • あなたが来てくれるときっとうまくいく 伊勢までまた参ります東海ツアー2015
    ありさ
  • 5日は関内アドリブで変則トリオです。
    けんたろう
  • 5日は関内アドリブで変則トリオです。
    Miwaco.
  • 金環日食。
    けんたろ
  • 金環日食。
    すみれ
  • ニューブログになりました!
    けんたろ
  • ニューブログになりました!
    sugimoto
  • 4日、6日のお知らせと栃木の報告♪
    けんたろ
  • 4日、6日のお知らせと栃木の報告♪
    manali
  • 舞台です!
    けんたろ

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode